« 酉の市 | トップページ | 晴海トリトンスクエア »

2006年11月 5日 (日)

晴海フラワーフェスティバル

晴海アイランドトリトンスクエアで、Infiorata(インフィオラータ)~四季のハーモニー~が開催されていたので、見てきました。
インフィオターラとはイタリア語で「花の絨毯」の意味だそうです。
イタリアでは200年以上の歴史があり、毎年6月カーネーションの花びらや種を使って花絵を作っているのですが、ここ晴海のインフィオラータは2001年から始まり今年で6年目で、花びらにはバラを利用するなどアレンジしているそうです。
今年の開催期間は明日(11/6)までとなっています。
デザインは、本場インフィオラータでトップアーティストとして活躍されているアントワーヌ・チェザローニさんです。

Harumi1
パンフレットや新聞にもこの写真のように、上からの俯瞰の写真が載っていたのですがどこから撮っているのだろうと思ってビルのベランダや窓越しの場所を探しましたがそんな場所はありませんでした。

不思議に思っていたら、答えはこれでした。

Harumi2

工事用のクレーンの上に乗せてもらっての撮影でした。
1時間程順番待ちをして、チャリティ100円で乗せてもうことができました。
ちゃんとヘルメットかぶって、腰には転落防止用のフックが付いているベルトを巻いて乗り込みました。
一度に4名ずつなので、ゆっくり撮影することができます。並んでも乗るべきですね。

Harumi3
花びらの乾燥を防ぐために係りの人が水をかけていました。
ただの水なのかと思ってお話を聞いてみると、風で飛ばないようにするために少し糊が混ぜてあるそうです。確かにそうしないと大変ですね。

Harumi4
黒や青、緑の部分は色つきの砂を置いています。

Harumi5
砂の部分と花びらを置いている部分の違い分かりますかね?

Harumi6

Harumi7

Harumi8
裏の方には補充用の花びらが沢山ストックしてありました。

Harumi9 
来年は夜間のライトアップを見に行ってみたいですね。

|

« 酉の市 | トップページ | 晴海トリトンスクエア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴海フラワーフェスティバル:

« 酉の市 | トップページ | 晴海トリトンスクエア »