« 南房総、水仙・菜の花 | トップページ | 神田明神 天野屋の芝崎納豆 »

2007年1月27日 (土)

神田明神

東京にずっと住みながら、一度も行ったことのなかった神田明神に行ってきました。

昨年末、新聞にえびす様と一緒に鯛や平目、イルカが配置された像が新しく作られたという記事を見ていたので、どんなものかと見に行っていました。

今回の写真はコンパクトデジカメのC-3040Zで撮影したものです。

まずは、大鳥居から、
Kanda001

鳥居を抜けて行くと、隨神門があります。

Kanda002_1

境内に入ると、左手に「大黒様像」があります。このだいこく像は高さ5.6mあり、石造としては日本一だそうです。
大黒像の前に「茅の輪(ちのわ)」がありました。説明書きどおり茅の輪くぐりをしてきました。茅の輪の前には「御百度石」があります。
Kanda003

その先に、お目当ての「えびす様像」がありました。大きな海の波の中に浮かぶえびす様と周りには、鯛、平目、亀、ふぐ、トビウオ、イルカなどが配置されていました。
Kanda004
えびす様とイルカは金色に輝いていました。
Kanda005

本殿前には狛犬がいますが、この狛犬今まで他の神社で見たどの狛犬よりも迫力のあるものでした。顔つき、体の筋肉が違います。
Kanda006_1
この本殿は関東大震災で焼失した後、権現作りの鉄筋コンクリート、総漆塗りで再築されたそうです。その後は東京大空襲の時にもほとんど被害を受けずすんだようです。
Kanda007

本殿の左側にある「鳳凰殿」は、その名の通り、屋根の上には鳳凰が建っています。
ここは、お守りやお札を売っている場所です。珍しいものでは秋葉原が近いからか、「IT情報安全守護」という物もありました。
Kanda008_1

日当たりのよい場所ではの梅が咲いていました。
Kanda010
境内裏の紅梅
だいこく像の横の白梅
Kanda009

境内の左側には、「銭形平次の記念碑」がありました。台座は寛永通宝になっています。
Kanda011_1

平日の夕方でしたが、お払いを受けるサラリーマンが沢山いましたし、思った以上に参拝者の方が多くいました。

|

« 南房総、水仙・菜の花 | トップページ | 神田明神 天野屋の芝崎納豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田明神:

» 2007年1月 白梅 開花 [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
一月も終わりの頃になりました。近くの梅の木も、見事な白い花を咲かせました。 今年は、暖冬なのでいつもの年より、開花が早いですね。  2分咲きくらいですけど、2月に入ると一気に満開となりそうですね。 と、自宅からとぼとぼと、岡上方面へ鐔ワ愁鐔イ辰董△覆襪被愁鐔ワ愁次回は鐔ワ愁鐔� ... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 23時51分

« 南房総、水仙・菜の花 | トップページ | 神田明神 天野屋の芝崎納豆 »