« 向島百花園 梅まつり | トップページ | 勝浦 大漁桜 »

2007年2月26日 (月)

かつうらビッグひな祭り

2/24(土)に、房総の勝浦に「かつうらビッグひな祭り」を見学してきました。

このイベントは、勝浦市内の各所にたくさんのひな雛人形が飾られ、目を楽しませてくれます。
メイン会場のひとつは、遠見岬神社の60段の石段一面におよそ1,200体の人形が飾られるものです。
Hinamaturi01

また市民会館には、「日本最大の享保雛」が展示されています。こちらは、内裏雛の大きさが 高さ120cm(烏帽子35cm含む)・幅90cm・奥行き50cmといったとっても大きいものです。昨年から展示されるようになりました。
Hinamaturi16
その他の写真などは、続きを読むをクリックしてください。

自宅を8:00に出発、京葉道路から館山道を通りの市原ICで降りてから、297号で勝浦を目指します。
勝浦市に入りしばらく走ると、道路脇にビックひな祭りの「のぼり」が目に付きはじめ松野交差点をすぎて右側に「総野集会所」があります。ここは総野会場とよばれ、色々な雛人形が展示されています。ここでは、甘酒とおそばをご馳走になりました。サービスされるものは日によって変わるようですが、ちょうど良い休憩にもなります。

つるし雛
Hinamaturi07

名産の落花生を使った雛飾り
Hinamaturi06

かわいらしい雛人形
Hinamaturi05

一息ついて、いよいよ「勝浦会場」を目指します。
勝浦中央商店街などの街中では、色々なお店や家の前にも雛人形が飾られています。なかにはとっても古いもの、変わったものがあります。

街中の階段飾り
Hinamaturi10

Hinamaturi11

Hinamaturi14

Hinamaturi15_1

遠見岬神社の60段飾り

Hinamaturi13
この人形を毎日、並べて夜には片付けるのは大変だなと思いますが、1時間程度で飾り付けをしてしまうそうです。

市民会館の舞台に飾られていた、日本最大の享保びな
隣の雛人形と見比べると大きさの違いがわかりますよね。Hinamaturi17

この他にも、市民会館のなかには10,000体もの雛人形が展示されています。
一度にこれだけの数の雛人形を見ることは無いですから、感動します。
土日の午前中ならば、朝市もやってますので、早めに到着できれば両方楽しめます。

|

« 向島百花園 梅まつり | トップページ | 勝浦 大漁桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かつうらビッグひな祭り:

« 向島百花園 梅まつり | トップページ | 勝浦 大漁桜 »