« 房総 お花見ドライブ | トップページ | 湯島天神 豆まき »

2007年2月 4日 (日)

神田明神 豆まき

昨日は節分だったので、神田明神と湯島天神と節分祭りのはしごをしてきました。
節分祭に行くのは初めてでしたが、ちょうど土曜日だったので大変な賑わいでした。

Setubun001_1

節分祭は14:00開始なので、13:15頃到着。すでにたくさんの人が待っていました。
まずは、お参りをと神殿の前へと進むと、大黒様と恵比寿様が出迎えてくれました。
Setubun002

Setubun003
時間になると、地元消防団、鳶頭の方々を先頭に、赤鬼・青鬼、大黒様、恵比寿様など、さらには氏子総代、奉仕参拝者が続く行列が見物客の間を通り、御神殿に入ってゆきます。

Setubun004
Setubun005

Setubun006

本殿にて神事の実施後、くす玉割りが行われました。「確定申告はお早めに」の垂れ幕が出てきたときには、お客さんたちから笑いが起きていました。
Setubun007_2

続いては本殿左の鳳凰殿2階に舞台を移し、鬼門・裏鬼門の方角に向けて矢を放ち(実際に矢は飛ばしません)邪気を払う儀式が行われ、つづいて赤鬼、青鬼退治の儀式と続き、いよいよ豆まきです。

Setubun008

Setubun009
14:25頃、豆まきが始まると、あたりは戦場です。みんなが福を受けようと、投げられる豆やお菓子を取るのに腕を伸ばしますが、背の小さい人はなかなか取れません。慣れた人は頭の上に紙袋などを広げて受け取っている人も多数いました。
そんな中、開始5分もしないうちに後ろ向きに将棋倒しが発生。私の隣にいた家族連れは子供たちも下敷きになり、幸い怪我はしなかったようですが泣きだしてしまい、外に出て行きました。その後も何度か将棋倒しが発生し、その度に豆まきを一時中断し、おさまってから再開ということを繰り返していました。福を受けようときて、怪我をしてはしょうがないので、みなさん気をつけましょう。
福豆が私のいた場所までは、なかなか飛んでこなかったので早々に退散することにしました。

残念ながら、豆を受け取れなかったので湯島天神に場所を移すことにしました。

|

« 房総 お花見ドライブ | トップページ | 湯島天神 豆まき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田明神 豆まき:

« 房総 お花見ドライブ | トップページ | 湯島天神 豆まき »