« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

FOMA電池交換

最近、携帯電話の電池の持ちが悪くなってきた。
一日で使うのは、通話に1・2分、メールを5本程度だが、
朝まで充電しているのに、夜にはバッテリーマークが1本になっていることが多い。
短い通話を何本か行った日は、仕事中に充電が必要になってきた。

約1年半使ってきたので電池の寿命かなと思って、電池カバーを外そうと思ったが、硬くてなかなか外れない。何とか外して電池を取り出してみると、ずいぶん真ん中が膨らんでいた。
「こりゃ電池がだめなんだな」と思ったが、そのまま購入するのもしゃくなので、とりあえずドコモショップに行って聞いてみた。
最初は「これは、電池の寿命ですから、新しいものをご購入ください。」と言ってきた。
「電池も寿命が近づくにつれて若干膨れてきますので」という説明でした。
そこで、「こんなに、蓋の開け閉めに苦労するくらい膨らむものなの?」などと色々言ってたら
「今回は特別に、無償交換します」と言ってくれたので、ありがたく交換してもらいました。
私は決して、脅すようなことは言ってませんので、やさしい店員さんでした。

交換品を装着してみると、蓋も楽々開け閉めができ、反対に簡単に開いてしまうのではと思えるほどの差でした。
これで、しばらくは使い続けられそうです。
Keitai001
膨らんでいる電池の写真を撮っていなかったのが残念です。

交換時に、電池の使い方に関する注意書きをもらいました。
それには、電池の寿命は約1年となっていました。そんな物なんですかね。
また、やってはいけないこととして、
・充電しながら通話やiアプリなどを使い続けること
・電池パックを使い切らないうちに短時間の充電を繰り返す・
充電するときは電池残量表示が1本になってから、充電することをお勧めします。となっていました。
今までも気を付けていましたけどね。

先日のニュースでは、総務省が1円携帯に規制をかけるようなことが出ていましたね。
そうなるとなかなか機種変更もしなくなりそうなので電池も大事に使わないといけませんね。

今日の新聞にはDoCoMoが家族割りの割引率を一番契約の長い人に合わせてくれるという、「ファミ割MAX」の発表が乗っていました。
8/22から申込開始ということです。これは本当に嬉しい割引ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月23日 (土)

水元公園

水元公園へ行ってきました。

水元大橋を渡ると、花菖蒲の棚があります。
Mizumoto001

さすがに、花菖蒲はほとんど終りでした。そんな菖蒲の棚の中でおばちゃんたちが数名、花を落としながら茎にビニールテープを巻いていました。
Mizumoto010
何をしているのか尋ねてみると、株分けをするので花の付いているうちに色の目印を付けているとの事でした。こうすることで、植え替えの時に色が分かるということでした。
株分けは4年に一度程度で実施されるそうです。
Mizumoto011

続いては、睡蓮の池です。ここはほとんどが白い睡蓮ばかりでしたが、ほんの少しだけピンクの花も咲いていました。ちょうど見ごろでした。
Mizumoto002

Mizumoto003

Mizumoto004

さらに奥に進むと、蓮の池があります。ほとんどがやっと蕾を付けた程度でしたが、一か所だけいくつか花が咲いていました。
Mizumoto005

Mizumoto006

Mizumoto007
まだまだ、花数が少ないので、ちょうど奇麗に咲いている花を見つけるのが難しいですね。
後、1、2週間後が見頃でしょうか。

水産試験場跡地の池の水草に小さなかわいらしい花がたくさん咲いていました。
係りの方に聞いたところ「ガガブタ」というそうです。
Mizumoto008

Mizumoto009

花のまわり白い毛がたくさんあり、お星様のようできれいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

傷だらけの男たち 試写会

Scan070620a

半年振りに試写会に当ったので昨日見てきました。
この作品は主演は、トニー・レオン、金城武の二人で、監督は「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ/アラン・マックということで、期待してました。
主演は、トニー・レオン、金城武の二人でした。
この作品もインファナル・アフェアに続いて、すでにハリウッドでのリメークが決定しており、主演はレオナルド・ディカプリオになるそうです。

内容についてはネタばれになるので、触れないことにしますが、面白かったです。
ただ、当たり前のことなんですが、登場人物の名前をしっかり覚えておかないと、会話の中の話が分からなくなります。
また、回想や妄想シーンも多いので、注意してみていないと混乱しそうです。

Scan070620b

主題歌は「浜崎あゆみ」の「Secret」となっていたのでいつ流れるのかと思っていたら、エンドロールの時のエンディングテーマとして使われていました。

印象に残った台詞としては、
「お酒は何でおいしいか知ってる?」
「それは、飲みにくいからさ」

「つらい思い出を多くの人は忘れようとする」

「愛する人を突然失うのはこんなにも苦しいものなのか」

DVDになったら、もう一度見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

堀切菖蒲園 アジサイ

昨日、見てきた堀切菖蒲園ですが、駅から園までの道のりを紹介します。
途中、七福神あり、アジサイありと10分程度の道のりですが、いろいろと楽しむことができます。

駅の改札を出ると、正面に飾られているのがこれ、

Horikiri013
左側のちょうちんの下に商店街のお店紹介も乗っている地図が置かれていました。
看板の横を出て、左側に進みます。

すぐにバス停がありますが、その向かいのおもちゃ屋さんのショーウィンドウの中には、これまた葛飾の有名人「こち亀の両さん」が浴衣姿で座ってます。
Horikiri014

続きを読む "堀切菖蒲園 アジサイ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

堀切菖蒲園、花菖蒲

6/1~20まで葛飾区内3箇所(堀切菖蒲園、水元公園、小岩菖蒲園)で「葛飾 菖蒲まつり」が開催されています。

京成線の堀切菖蒲園駅から徒歩10分程で堀切菖蒲園に着きます。3箇所の中では、もっとも歴史もあり、花菖蒲の種類ももっとも多く約200種類、6000株が植えられています。棚の前面には、菖蒲の名前が書かれた札も立っているので、名前を見ながら花の違いを楽しむことができます。

Horikiri001

開花状況としては、7分咲き程度で、まだまだこれから見頃が続くと思われます。Horikiri002

Horikiri003

Horikiri005

さすがに200種類の花がそろっているということなので、様々な色、形の花が咲いています。

続きを読む "堀切菖蒲園、花菖蒲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »