« ほおずき市2007 | トップページ | 第20回東京湾大華火祭 2007 »

2007年7月31日 (火)

下町、花火大会三昧2007

今年の花火大会もほぼ終わってしまいましたね。
毎年、下町の3大花火大会(葛飾、足立、隅田川)は見に行ってます。
カメラを持っていくと、せっかくの花火をゆっくり楽しめないので持って行きませんでしたので写真はすべて携帯電話で撮ったものです。とりあえずの雰囲気だけ。

まずは、7/24(火)「第41回葛飾納涼花火大会」(約10,000発)が柴又の江戸川河川敷で行われました。
Hanabi001
昨年から、有料の協賛者指定券を購入しているので、ゆったりと見ることができます。
今回も仕事の関係で遅れて到着でしたが、席が確保されているので安心でした。
来年も当たればいいな。今年は河川敷に行くまでは暑かったですが、座ってみていると風が肌寒いくらいでした。

第2弾は7/26(木)「第29回足立の花火大会」(約12,000発)が荒川河川敷で行われました。
北千住側がメイン会場ですが、去年から対岸の河川敷で見ることにしました。
東武伊勢崎線の梅島駅から歩いて20-30分かかるのですが、比較的すいていて開始時間間際でもシートを広げることができます。
Hanabi003_2
今年は、天気も良く目の前一杯に開く花火と迫力ある音を楽しむことができます。

Hanabi004_3

また、ナイアガラも目の前で見ることができます。

Hanabi006

Hanabi007
この日も河川敷では風が吹くと肌寒さを感じる日でした。

第3弾は7/28(土)「第30回隅田川花火大会」(約22,000発)が隅田川河川敷で行われました。
第一会場と第二会場の二箇所で打ち上げが行われます。両方を見ようと欲張るよりもどちらか一方に的を絞ってみるほうがいいでしょう。
例年私たちは、花火コンテストが行わる、第一会場の花火が良く見える場所で見学します。
隅田川は川幅が狭く打ち上げ会場の近くの河川敷は立ち入り禁止となるので、18:00から交通規制となる道路上に場所をとり見学しました。
以前は、みんな事前に道路にガムテープで場所取りをしていましたが、今はそのような行為は禁止されています。そこで、18:00の規制開始と同時に歩道で待っていた人たちがいっせいに道路にシートを広げ場所を確保します。
この時、近所のお店などは時間とともにテーブルをだして大きな場所を確保します。そばに居るとちょっと怖いくらいですが、その隙間を上手に場所取りするのがよいようです。

料理屋さんが確保した場所に並べられたおつまみ。
Hanabi010
ここの花火は道路上から見るため、街灯や電線が邪魔になるのが、たまにきずですが、コンテスト参加の花火はどれも個性が光り見ごたえ十分です。
Hanabi012_2

またこの日は道路の上にシートを広げての見学でしたがアスファルトの熱が冷めず、お尻が熱かったです。

3大会とも好天に恵まれ、大変満足できました。

|

« ほおずき市2007 | トップページ | 第20回東京湾大華火祭 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下町、花火大会三昧2007:

« ほおずき市2007 | トップページ | 第20回東京湾大華火祭 2007 »