« 第20回東京湾大華火祭 2007 | トップページ | 浅草サンバカーニバル2007 »

2007年8月15日 (水)

銀座の美ら海水族館

8/14銀座で沖縄の「美ら海(ちゅらうみ)水族館」が無料で体験できるということで、行ってきました。
Ginza003
ソニービルのイベント「40th Sony Aquarium 2007 ハイビジョン沖縄美ら海水族館」で8/31まで開催されています。
数寄屋橋交差点に面した屋外スペースに設置された大水槽の中には、沖縄から運ばれてきた色とりどりの熱帯魚、約40種、1,500匹が出迎えてくれます。
Ginza004

1Fのエントランスには、ジンベイザメの大きさを表した、絵が描かれており、その大きさを感じることができます。
Ginza008
右上にジンベイザメのあごの標本も見えます。

Ginza009

また、全長9.1mもあったのジンベイザメの「あごの標本」展示されていました。ここでは口の中から顔を出して記念撮影もできます。

Ginza007

これは、歯のアップです。小さな歯がたくさん並んでいます。
Ginza005

2,3,4Fにも美しい魚たちが、ハイビジョン映像で流されていました。

そして、8Fには200インチの大スクリーンにハイビジョン映像で「沖縄美ら海水族館」が世界一の大きさを誇る巨大水槽の中を悠然と泳ぐマンタやジンベイザメの姿を見ることができます。
上映時間は短いので、ぜひ一番前の席で視界一杯に収まりきれない程のジンベイザメの迫力を体験してみることをお勧めします。

大迫力の映像を楽しんだ後、スクリーンの後ろ側では「バーチャルクマノミ水族館」が実施されていました。
個々では、パソコンを操作しながら、クマノミの生態を学び、その後でスクリーン上を泳ぐオリジナルカラーのCGクマノミを作ることができます。
用意されたクマノミの、体やひれの色を自由に組み合わせて作ると事ができ、出来上がったクマノミには、名前とメッセージを登録することができます。
このときクマノミ一匹ずつにID番号が振られます。作成したクマノミは写真プリンタで印刷することもでき、いい記念になります。Ginza006
自宅に帰ってから、HP上からID番号を入力すると自分のクマノミを画面に呼び出すことができます。
パソコンが4台しかないので、少し並ばないとならいかもしれません。

旅行に行けない分を近場で気分だけでもと思い来て見ましたが、ますます本物を見たくなってしまいました。

|

« 第20回東京湾大華火祭 2007 | トップページ | 浅草サンバカーニバル2007 »

コメント

ご無沙汰しております!ジンベイザメ見たい~!無料だったんですねえ、暇があったら行ってみたいけど(汗)最近私は密かに深海魚に関心が・・・☆(あのグロっぷりが気になる)その内時間出来たら観に行く予定です!

話変わり、浅草でライブをやる事になりました!チケット500円ですので、是非お時間ございましたら、いらして下さいね♪詳しい出演者情報はこちら↓

http://blog.oricon.co.jp/usanamix/archive/327/0

投稿: リモ | 2007年8月25日 (土) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の美ら海水族館:

« 第20回東京湾大華火祭 2007 | トップページ | 浅草サンバカーニバル2007 »